雨漏り修理をして暮らしを快適にしよう~ラクラク快適生活~

お家

除去工事の手順

住宅

アスベストについての説明

アスベストとは、自然界にある繊維状の鉱物です。石綿(せきめん、いしわた)とも呼ばれています。アスベストの繊維はとても細く空中に飛び散りやすいため、人が吸い込んでしまうことがあります。ですので、決められた方法で作業をする必要があるのです。昭和50年に禁止になるまでは、建物を建てる際にはアスベストが使用されていました。保温性や断熱性の効果があったのです。現在においては、製造も禁止されています。アスベストそのものに害があるわけではなく、飛散して吸い込むことで問題が発生してくるのです。そのため、労働安全衛生法や大気汚染防止法など様々な法律によって、飛び散ることを防ぐようにする注意喚起をしていかなければなりません。

除去の工事を依頼する

アスベストを除去や処分する場合には、様々な法律によって規制があります。危険も伴いますので、専門の業者に依頼しましょう。除去工事の手順としては、まずは設計図による調査を行います。次に現地に行き、使われている材料の調査です。採取したアスベストの分析を行い、今後の計画について話し合います。そして作業計画書を作成し、届け出先に提出して申請します。その後、除去工事を始めることができるのです。除去工事の最中には細心の注意が必要になります。周辺の空気中に飛び散らないように、シートによって隔離し密閉状態にするのです。作業員も保護服を着用して行います。除去したアスベストは密封した袋に詰めて、最終処分場まで運ばれます。費用は面積によって変わりますので、問い合わせてみましょう。